現在の仕事は電気工事及び電気計装工事です。電気の制御盤製作も行っています。このサイトは参考程度でご覧下さい。当ブログ内の写真と画像のコピー・転載は禁止です。

「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ

雑談

自分が初めて、カードローンでいくら借入可能か限度額を調べてみました。

投稿日:

広告

連帯保証人、担保、所得証明書が不要のカードローンで、用途フリーでいくら借りる事が出来るか調べてみました。

キャッシングフィールドさんの無料融資予想限度額チェックでは、私は183万円でした。

あくまでも、ご融資可能な予想金額です。

で、実際1社のカードローンで、融資用途を「FX」にしていくら借りれるのか聞いてみました。

用途がFXやそれの補てんでは、金利が高いかなって思いましたが、夕方に聞いてみたら、速回答がきました。

年金利7.9%、融資可能金額はMAXで300万円でした。
これが、現在の融資の限度額との事ですが、けっこうな金額でビックリしました。

用途が、リフォームや車購入や学費なんかだと、もう少し金利が低く融資額が多いのかもしれませんね。

融資の用途がFXでは、貸す方も「おいおい、あんたFXって大丈夫なの!?」って、きっと思ってると思います。
だってFXですよ、「プロでも勝ち続ける事が難しい」なーんてモノに、お金を借りてまで行うのは、やっぱり厳しいじゃないですか?

貸す方も、おっかなビックリだと思います。
もちろん「あんた借りた金でFXやって大丈夫なのか!?」なーんて事は聞かれませんでした。

ただ、FXは借りたお金なんかじゃ、やってはいけないものですよね。
もちろん借りたお金で、FXをすること自体は違法じゃないですけどね。
レバレッジ国内MAXの25倍で300万円もぶっこめば、けっこうイイ勝負はできるでしょうけど、それはオソロシイい事ですよね。

実際に、今回のイギリスEU離脱ショックみたいのがあれば、為替レートは大きく乱高下して、元金(証拠金)を一気にぶっ飛ぶ可能性もありますから、博打のような賭けになってしまいます。
写真
上記画像はドル/円・2016年6月24日の「英国のEU離脱派が優勢」との一報を受けて、1ドル106円から急落して、1ドル100円を割り込んだものです。
元金(証拠金)が足りないと、強制ロスカットをくらっちゃう変動ですよね。
EU残留派が優勢かなと私も思っていましたので、ビックリしました。

7月8日現在、1ドル100円40銭くらいでしょうか、この乱高下で今はちょっと怖くて注文できないでいます。

よって、FXは余ってるお金(余力資金)で行った方がイイですね。
と言うか、そうじゃないとダメですよね。


私の親父は、借りたお金を借りて返して、それを何回か繰り返して破綻してしまいました。

人間、長く生きていれば、何回かは人生で大失敗するものです。
人間は失敗する生き物ですので、それは仕方のない事だと思うんですね。

ただ父は、遊興費とギャンブルでお金を消費してしまったようです。

事業や商売で借金をしてしまったのなら、事業計画は精査が必要ですが、あまり責める事は出来ません。
事業や商売での失敗ってのは、当人が一番悔しいと思いますし、家族がいる方なら、何より自分のためっていうか家族の為にやった事っだと思いますから。
大事なのは再起する事です。

しかし、私の父は遊興費とギャンブルで、何回もサラ金のはしごをしてしまったんですね。

しかも1回や2回じゃありません。持ち家を売り、マンションも売り、それで最後は自殺未遂。

結局間もなく肺がんになり亡くなってしまいました。

父も、凄いストレスを抱えて、問題を解決する前に体が病にやられていたんだなって・・・
今思うと、ゆっくり酒でも飲んで、一緒に話したかったな・・・
もう、かなわない夢ですが。

その後、私の所まで、借金の催促(負の遺産)がありましたから、すぐに弁護士に相談して調整して返済したわけです。

だから、ローンは怖いんですね。

ただ、今回は一応どのくらい借りられるか聞いてみました。
担保なしだと300万円でした。

本当は、セルフバックとかを利用して、カードローンやクレカを作りまくれば、アフィリエイト収入になりますが、いっぱい作ってもなと思うと気が進みません。

それよりも、今私に必要なのは、成果型アフィリエイトサイトを何個か作ってみる事であり、それを頑張ろうと思います。
ただ、時間が限られているので、スキマ時間を有効に使わないといけませんね。
人生の残り時間は刻一刻と減っていきますから。

親父とは、生きてる時に飲んでもっと色々と話してみたかったですね。
あの世で会えたら、色々と話したいです。

免責事項
当サイトを参考にした結果、損害が発生しても当サイトの管理人は一切の責任を負えません。
よってローンなどの判断はご自身で決定して下さい。
当サイトは参考程度にご覧下さい。
当サイトすべてのページへのリンクは自由です。
ご覧いただきありがとうございました。

ブログ管理人

スポンサーリンク

楽天モーションウィジェット

-雑談
-,

Copyright© 「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ , 2019 All Rights Reserved.