現在の仕事は電気工事及び電気計装工事です。電気の制御盤製作も行っています。このサイトは参考程度でご覧下さい。当ブログ内の写真と画像のコピー・転載は禁止です。

「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ

自動車について

2017年(平成29年)CVT新型サクシード・プロボックスのレビュー

更新日:

広告

CVTサクシード・プロボックスの評判・評価・試乗感動及び燃費の口コミ

新型サクシードが納車され、約1000キロ走ってみたので、感想を書きたいと思います。

グレードはTX、車重1170キロ、1500ccの4WD5人乗りです。
他のグレードはUL-X・UL・Uなどがあります。
1.5Lエンジンは変わりませんが、2WDと4WDが選べます。
北海道は燃費は落ちますが、4WDを選択した方が良いと思います。

写真

燃費はリッター11キロ(実燃費11.0km/L)くらいです。
思ったほど良くありませんが、冬季期間は車内を暖める暖機運転で、アイドリング時間が長くなりますので仕方ないですね。
これから季節も暖かくなるので、暖気アイドリングが30秒〜1分となりますので、実燃費も良くなる予定です。

随時、実燃費はここで更新・公表していこうと思います。
運転も「急」がつかないエコ運転で頑張ります。

スポンサーリンク

SUCCEED・PROBOXの自動ブレーキの実力はどうなんだ?

この自動ブレーキ、はっきり言って自動で止まる気がしません。
自動ブレーキは緊急ブレーキ用で、決して自動ブレーキではないんですね。

サクシード商用バンにも、「Toyota Safety Sense C」の<PCS(プリクラッシュセーフティシステム)>自動ブレーキは標準装備でした。

自動ブレーキのシステムは、単眼カメラ+赤外線レーザー方式です。サクシードの自動ブレーキの記事はこちらをご覧ください。

実際に4WDのサクシードに乗ってみた感想

燃費は思ったほど良くなかったですが(北海道3月実燃費11.0km/L)、これは雪道で走行抵抗が多いし、車内の暖気の為のアイドリング時間が長かったため、実燃費はこれから雪解けの時期ですので良くなるよう方に期待しています。
*暖気運転(アイドリング)を行わないと、窓が凍って曇って走行できないため、北海道では冬に暖気アイドリング時間が長くなります。

サクシード(グレードTX)に乗ってみた感想はすごく良いです。

寒冷地仕様のせいか、ちゃんとドアミラーヒーターもついています。
写真ドアミラーヒーターは北海道の冬の必需品だと思います。

横滑り防止装置も標準装備でした。
これは運転席よりスイッチでOFFに出来ますが、完全にOFF状態か、少し電子制御の介入を許しているのか分かりません。
とりあえず冬道でも運転の邪魔になるようには思いませんでしたので、せっかくの標準装備ですし常時ONで使用しています。
写真ちょうど上記写真の真ん中へんに、横滑り防止装置のON/OFFスイッチが付いています。

冬道のABSも、今まで乗ってきた車の中で1番良いです。細かく作動して、ABS作動中もハンドルも効くし、制動もしっかり作動している感じです。

サクシード(グレードTX)は、とても良い車だと思いました。
これから、この車を乗り込んでいくので、レビューを追加して行きます。
長距離も疲れなさそうだし、4ナンバー(商用・貨物ナンバー)じゃなかったら、荷台も広いし個人的に欲しいと思える1台です。

車内の騒音も静かです。
タイヤの扁平率が80と、ゴムの部分が幅広のため時速100キロで走ってもロードノイズも気になりません。レガシー(TA-BP5)の時は、扁平率45タイヤで時速50キロくらいからロードノイズがうるさかったから、サクシードは優秀だと思います。フィールダーより静かかもしれません。
まあ、レガシーはロードノイズが気にならないほどの、楽しい操縦性を持っている名車だと思いますし、したがってレガシーのロードノイズがうるさいのは仕方ないですね。

サクシード・ポロボックスなら50歳60歳の方にもお勧め出来ます。ハンドリングはダイレク感が少なく「あそび」が多いですが、逆に疲れません。
それに軽く軽快なハンドリングはドライバーの負担が少ないように、ハンドルの「あそび」と「軽快さ」をバランス良く調整され仕上げられているなと思いました。パワステの方式は油圧式か電動式か分かりません。分かりましたら追記します。

写真

カルディナバン(上記写真)からサクシードバンへの乗り換えでしたが、荷台スペースとエンジンパワー共に不満はありません。
私にとっては初のCVTですが、4速ATより断然好きなフィーリングです。もう4速ATには戻れないかもです。
カルディナが2000ccでサクシードが1500ccだからパワー不足を感じるかなと思いましたが、CVT効果のせいかパワー不足は全く感じません。
荷物満載で走る時が多いですが、力強く走ってくれます。
サクシード君はビジネスパートナー(相棒)ですから、大事に乗っていきたいと思います。

TOYOTA(トヨタ)SUCCEED・PROBOXの仕様(スペック)

グレードTX 2WD燃費
JC08モード
19.6km/L
グレードTX 4WD燃費
JC08モード
15.8km/L

なんと2WDの方が4WDよりJC08モードの燃費が、3.8km/Lも良いではないですか!!!

二駆より四駆の方が燃費が悪いのは普通ですが、リッター約4キロも違うのは大きいですね。
2WDは駆動方式の他、エンジンも燃費が良くなるようにチューニングされてるみたいですよ。4WDも、もう少し燃料が薄くても良かったんじゃないかなって、素人考えで思ってしまいます。やっぱり燃料が濃い方が冷却効果が高く、エンジンの耐久性が良いのかな?2WDと4WDの燃費の大きな違いは謎ですね?私は燃料の濃さが違うんだと予想しています。2WDの方がエンジンにかかる負荷が4WDより微妙に低い為に、省エネにセッティングを振れたのかなと思っています。

サクシード・プロボックスのライバルは日産のADバンになるのかな?
ADバンの方がタイヤ外径が大きいはずなので、悪路走破性は高いかもしれませんね。
ただ、エンジンの設計はサクシードより古いので、燃費はサクシード・プロボックスの方が良いようです。

サクシードの3月実燃費が11km/Lくらいですので、カタログ値の15.8km/Lになるように、エコ運転を頑張ろうと思います。
4月の実燃費は後日また報告します。

サクシード・プロボックスの車内(室内)写真

写真

上記写真は、パソコンなんかがのっかるサクシードの台です。
サクシード最大荷重10kgまでです。

写真

13.3インチのパソコンくらいなら、のっかります。
パソコン作業をする時には便利です。
ただし、標準装備でAC100Vコンセントは付いていません。
AC100Vコンセントがないと不便ですね。
コンセントが必要な場合は、メーカーオプションですので発注時にお願いしましょう。
私は標準だと思っていたので、納車してからメーカーオプションと知り失敗しました。

写真

上記写真はサクシード左パネルです。

写真

上記写真はサクシードの空調ダイヤルです。
操作は直感的に出来て、使いやすいです。

写真

上記写真の右側は、サクシードの携帯・スマホ入れです。
ちょっと残念なのが、iPHONE6プラスでカバー付だと、あと2-3mm幅が狭く入りません。
ここなんですよトヨタさん、携帯入れにiPHONE6プラスも入るように、あと5mm幅広して欲しいです・・・
あとAC100Vコンセントも標準装備にして欲しいです。

写真

上記写真は、サクシード車内です。
AC100Vコンセントが標準で付いていない・携帯(スマホ)入れが2mm狭くiPhone6プラスが入らない以外は、ほぼ満足しています。

サクシードのルームライト(室内・車内灯)は前(運転席)と後ろ(荷台)にしかついていない

後部座席(後ろの椅子)には室内灯が付いてなくて不便です。
後部座席に室内灯(ルームランプ)が付いていなくて、夜は暗くて不便です。
写真上記写真は、運転席・助手席用の室内灯です。
これを後部座席にも取り付けて欲しかったです。夜は車内が暗いんです。
運転席・助手席にはワンタッチ押釦スポットライトも付けて欲しかったです。
コスト的に難しいのかな?
でもね、後部座席用のルームライトが無いのは不便だと思いました。
(下記写真でも後部座席用の室内灯が無いのが確認出来ます。)
写真上記写真は荷室(荷台)のルームランプです。

後はこの車、丈夫で良いと思います。
小回りが利くところが凄くいいです。

追加レビューが有る場合は、このページに追伸で記事を追加したいと思います。

とにかく私にとっては、車はビジネスパートナー、大事に使いますね。

ちょっと5ナンバー時代より現行新型サクシードの、プライバシーガラスのスモーク(黒)が薄い気がします。

カット済みフィルムを貼りましたが、車内が車外から見えると、高価な電動工具(電動油圧端子圧着機など)の盗難に合う可能性が高まりますので、もう少しプライバシーガラスが濃い方が良いかなと思いました。

免責事項
当サイトを参考にした結果、損害が発生しても当サイトの管理人は一切の責任を負えません。
よって実際の判断や選定は、ご自身で決定して下さい。
当サイトは参考程度にご覧下さい。
当サイトすべてのページへのリンクは自由です。
ご覧いただきありがとうございました。

ブログ管理人

スポンサーリンク

楽天モーションウィジェット

-自動車について
-

Copyright© 「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ , 2019 All Rights Reserved.