現在の仕事は電気工事及び電気計装工事です。電気の制御盤製作も行っています。このサイトは参考程度でご覧下さい。当ブログ内の写真と画像のコピー・転載は禁止です。

「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ

WordPressについて

個人や小さい会社でホームページ作成には何がいいのかな?

更新日:

広告

自分でWEBサイトを作るには何が必要か?ソフトは何が良いのかな?

先ず最初に言いますと、私のホームページの製作レベルは「初心者レベル」だと思っています。何が言いたいかというと、初心者が何かの理由でWEBサイト(ホームページ)を作ろうとした時に何をしたら良いのかなって思う事を書いてみます。

よって、WEBサイト製作に関してテクニカル(技術的)な事は、ほとんど書けません。
しかし、このブログもWEBサイトであり、HTMLやCSSやPHPに関して、ほとんど知識がない私ですがWEBサイト公開までできました。

*WEBSITE=WEBサイト=ウェブサイト=ホームページ
レンタルブログやレンタル掲示板もWEBサイトだと思います。

このWEBサイトはワードプレス(WordPress)というプログラムで製作しましたが、ここでは私(初心者)が、どうしてワードプレスたどり着いたかなどホームページについて書いていきたいと思います。

もし会社の社長や上司の方に、会社のWEBを作ってくれと言われたり、個人事業を立ち上げて(起業)、簡単なもので良いのでWEBを作りたいと思ったら。

資金(予算)があれば、WEB製作会社を探して、頼んだ方が良いと思います。
特に会社で会社のホームぺ-ジを作るとなると、WEBというのは情報を世界中に発信することになり責任重大だと思うからです。

電子商取引や個人情報の取り扱いやプロバイダ責任制限法などなど、ノウハウがないとホームページを作るにしても、プロに聞いてみないと「何をどうしたい」も、なかなか決まらないかもしれないと思うからです。

もちろん、社内にWEBや商取引などに詳しい方がいれば自社で出来るかもしれません。

しかし、ホームページは作りたいと思ってるんだけど、小さい会社や個人事業の方や個人では、WEB製作を外注するのは「予算的にちょっとなー」と思う方も少なくないと思うんです。

私の取引先でも、会社のホームページがない会社や個人事業主さんもたくさんいます。
ホームページ作成はお金がかかる、更新が大変など色々思うところはあると思います。
別に「俺の会社にホームページはいらないよ」って方もけっこういます。

しかし、会社案内だけなら更新もほとんどなしでOKですし、会社地図や事業内容とお問い合わせの電話番号だけでも立派なホームページになると思います。
それだったら会社のWEBサイトがないなら、作った方が個人的には良いと思います。

私が思うダメな会社のホームページの例は、名刺にWEBアドレスが書いてあったりするので、社名で検索をしてみると、検索トップ(まあ、その会社のWEBなのでトップで出てくる事が多いです)で出てきたりするんですが、2003年から更新されてなく、未表示画像やリンク切れやレイアウト崩れが酷かったり、その会社のWEBを見ると、あ~だらしない会社だなと思ってしまいます。
そんなホームページの最低限の更新も出来ないなら、名刺にWEB(URL)なんて書くなよって言いたいくなっちゃいます。

名刺にホームページアドレス書いてあったら見ちゃうだろ!
もうレイアウト崩れでボロボロなら、「現在WEBページは閉鎖中です」とかindexページだけにしてもうた方が、まだエエやんって個人的には思うわけです。

その会社は予算がないわけじゃないと思うんですよ、ネットは商売にはあまり関係のない商社で、2000年くらいに外注でco.jpでホームページを作ってもらったと思うんですが、その後何もWEBに手をかけてあげてないわけです。せっかくCO.JPで作ったのに、検索上位表示もされているのに勿体ないと思います。誰も管理してくれない会社のWEBページがかわいそうだなって。

話はそれましたが、そんなこともあり、ホームページも変更や更新が自分で出来るように、シンプルでもよいので作るとしたら、私のような初心者が言うのもなんですが、初めての方ならワードプレスがおすすめです。
個人事業や個人でWEB作りが初めての方なら、無料ブログでもOKだと思います。ただ、無料ブログは意に反した広告も表示されるところが多くて、スマホページではレスポンシブ対応は良いんですが広告多過ぎって思うのもありました。

初心者の方がホームページを作る時に私が思う3択

1:無料ブログ(意に反した広告が出るのが多いと思います)
2:ワードプレス(解説本は最低必要だと思います)
3:HTMLやフルCSS(タブレットやスマホに対応させるには、ちょっと面倒だと思います)

モバイルフレンドリーを考えると1と2がおすすめです。

2:のワードプレスに関しては、導入までの方が初心者には大変かもしれません。導入(インストール)してしまえば、記事の新規投稿なんかは、とても簡単に出来るようになります。

ワードプレスはレンタルサーバーでワードプレスが作動するプランで契約して、データベースを設置してワードプレスを(簡単)インストールすれば、記事を書くだけで更新できますし、管理画面でホームページのデザインやテンプレートも変えていくことができます。カスタマイズが出来てWEBサイト作成の自由度が高いと思います。

これを3:HTMLやフルCSSでやろうとすると、ちょっとやそっと勉強したくらいでは、html無料テンプレートを導入しても、ちょっと写真なんかを入れただけでレイアウト崩れが発生したり、そうなるとCSSで位置調整したりと、簡単ではないと思います。

私が3:HTMLやCSSの新規作成や編集をする時に使っているホームページ作成ソフトは下記写真のホームページビルダーです。ワードプレス使用時にはホームページ作成ソフトは必要ありません(使っていません)。

写真

1:無料ブログでWEBサイトを作るのが一番簡単ですが、企業のWEBサイトや個人でこれから本格的にアフィリエイトを始めようと思った場合は、ワードプレスやHTMLウェブサイトも検討した方が良いと思います。HTMLサイトを作るにはメモ帳(notepad)でも可能ですが、ホームページビルダー(上記写真9やDreamweaverなどのホームページ作成ソフト購入をお勧めします。

結論
私も、ちょっとHTMLサイトを作ってみたり、無料ブログ(表示速度は早かったような)を使ってみましたが、ワードプレスに落ち着きました。
一番の決め手は、HTMLサイトより表示速度はアクセス端末に対して表示サイトを生成しますので遅くなりますが、生成ページは自動でスマホやタブレットへ対応(レスポンシブ)してくれるところです。後は意に反する広告がワードプレスでは一切表示されないところですね。
広告を出す出さないは自分で決める事ができます。広告は自分で好きなものを選択できます。
ワードプレスもテンプレート選びやカスタマイズで企業用WEBサイトにも充分使えると思います。

よって、私のお勧めはワードプレス導入となるわけです。
ですが注意点が1つ。ホームページがデータークラッシュなどの時の為にバックアップが必要なんですが、小規模サイトならHTMLの方が、断然楽だと思います。

ただし、httpsなど暗号化によるフォームウェア送信やSLLに対応していないような気がしますので、それが必須の方は確認が必要だと思います。
共用SLLや独自SLLはレンタルサーバーでも確かあったと思いますが、ワードプレスと組み合わせて使えるかは、私にはまったくわかりません。
詳しくなくてすみません。

免責事項
当サイトを参考にした結果、損害が発生しても当サイトの管理人は一切の責任を負えません。
よって実際の判断や選定は、メーカーサイトや取扱説明書などを熟読して、ご自身で決定して下さい。
当サイトは参考程度にご覧下さい。
当サイトすべてのページへのリンクは自由です。
ご覧いただきありがとうございました。

byちょっとまだ、ワードプレスも使いこなしていないブログ管理人

スポンサーリンク

楽天モーションウィジェット

-WordPressについて
-

Copyright© 「管理人おきてるさん(オキテルサン)」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ , 2019 All Rights Reserved.