現在の仕事は電気工事及び電気計装工事です。電気の制御盤製作も行っています。このサイトは参考程度でご覧下さい。当ブログ内の写真と画像のコピー・転載は禁止です。

「管理人くしあみき」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ

自動車について

トヨタさんの「横滑り防止装置」は雪道で最高の性能を発揮してると思います!

更新日:

広告

サクシード(プロボックス)通称プロサクのトラクションコントロールは流石の仕上がり

TRC(トラクションコントロール)は良く制御されていて安全性が高いと感じました。

写真

上記写真はサクシードです。

しかも、トヨタさんの「横滑り防止装置は最高の仕上がり」だと思いました。
*横滑り防止装置=VSC=Vehicle Stability Control

私は購入したトヨタサクシードがTRCもVSCも標準装備で、余計なものを標準装備化したものだと思っていました。

しかし今冬、TRCと横滑り防止装置(VSC)が標準装備化されたサクシードに乗ってみて、なんと素晴らしい制御だろうと感心しました。

これは決してお世辞ではないんです。
TRCとVSCの標準装備化によって冬道(雪道)で、とても高い安全性が確保されたと思います。

写真

自動ブレーキに関しては、お世辞にも「自動ブレーキだとしたら」良いとは思いません。
それは、自動でブレーキが効き始めるのタイミングが遅すぎるからです。

今回の自動ブレーキはToyota Safety Sense Cの標準装備化の一環です。
Toyota Safety Sense Pは分かりませんが、Toyota Safety Sense Cはブレーキが自動で効き始めるタイミングが遅過ぎです。

ただし、自動ブレーキが付いて無いよりは付いてる方が全然良いですし、そもそも自動ブレーキではないんです。

緊急ブレーキなんですね。
だからギリギリまでブレーキが作動しなくて当然なんです。

自動ブレーキは安全補助装置で、衝突被害低減の意味合いで理解すれば、ブレーキの効き始めが遅いと言う問題はない訳です。

緊急ブレーキだから衝突ギリギリで効くんですね。そのため自動ブレーキが効いても衝突を避けられない事があります。

それでも、被害低減効果は期待出来ると思いますので、間違いなく無いよりはToyota Safety Sense C(自動ブレーキ)が有った方が良いと思います。

スポンサーリンク

トヨタさんの、TRCと横滑り防止装置(VSC)が素晴らしいと思う理由!

いやもう雪道でのTRC+VSC制御は完璧じゃないですか?

写真

凄く良いです。
これなら、本当に雪道でのスリップ事故が減ると確信しました。

特に横滑り防止装置(VSC)の仕上がりは素晴らしいと思いました。

本来、雪道でスリップしたり、路肩に寄り過ぎて雪にハンドルを取られたりしたら、ドライバー自身がカウンターステアや加減速にて、乱れた車の姿勢制御(コントロール)を行わなくてはいけませんでした。

しかし、今回サクシードに標準装備化された安全装置は、見事に不安定になった車を立て直してくれます。ビックリするほど完璧な減速方向での自動立て直しです。故意に滑らせようとしても、ハンドル操作に忠実で滑りを自動制御してくれます。立て直して中は4輪(左右)個別にブレーキを上手にかけて横滑りを制御してる感じで、減速しながら車を安定させてくれます。

横滑り防止装置(VSC)は「素晴らしい」の一言です。

通常車がスリップすると、タイヤのグリップが戻った瞬間に逆方向に吹っ飛ばされたり(お釣りをもらう)後輪の振り出しが大きいと、そのままカウンターステア虚しくスピンしたりします。

人が車のスリップから姿勢を安定させるには、カウンターステアを当てながらアクセルを踏んだり、スピンしないようにブレーキをロック気味にする事により、外側荷重のお釣りを相殺して安定させます。

しかし横滑り防止装置のVSCはスリップをしても立て直す操作(作業)を車が自動で行ってくれます。
雪道に関してはVSCは満点です!
人がブレーキで同じ操作をしようとしても、4輪(左右)別々に制御するのは実質不可能ですし、あらかじめプログラムされたコンピュータ(VSC)には演算スピードで勝てる訳がありません。

何を言いたいかというと「人よりスリップ制御に関しては、VSCの方が運転が上手い」という事です。

おそらくプロのドライバーでも、優勝なVSCやABSとセットで走った方がタイムが早いと思います。
それほどVSCの出来は優秀だと感じました。

これを開発したトヨタさんのチームは凄いと思いました。
本当にプロフェッショナルです。

これからの新車には横滑り防止装置のVSCが標準装備されていくと思いますが、是非とも車を購入の際には、お勧めの安全装置だと思いました。

安全装置に過信は禁物、ABSもTRCも横滑り防止装置(VSC)も運転の補助装置です。

どんなに優秀な安全装置が車に装備されていも、完全なオーバースピードでカーブやコーナーに進入(突入)しては曲がり切れずに突っ込みます。

自動車の安全装置は、あくまでも運転の補助装置ですので、スピードの出し過ぎによる事故を完全に防止する事は出来ません。

ドライバー自身が、安全運用に心がける事が重要で、自動車の安全装置を過信してはいけません。

それでも、自動車の安全装置はあった方が絶対良いと思いますので、今後購入を検討する場合の重要な判断基準になると思います。

これからは、営業車や社用車にも安全装置が標準装備化されていけば良いなと思いました。

免責事項
当サイトを参考にした結果、損害が発生しても当サイトの管理人は一切の責任を負えません。
当サイトは参考程度にご覧下さい。
当サイトすべてのページへのリンクは自由です。
ご覧いただきありがとうございました。

ブログ管理人

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天モーションウィジェット

楽天モーションウィジェット

-自動車について
-, , ,

Copyright© 「管理人くしあみき」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ , 2018 All Rights Reserved.