「管理人くしあみき」の人生、仕事、趣味、時事記事、雑談ブログ

現在の仕事は電気工事及び電気計装工事です。電気の制御盤製作も行っています。このサイトは参考程度でご覧下さい。当ブログ内の写真と画像のコピー・転載は禁止です。

スマホと携帯電話について

国からの要請での携帯電話・スマホ販売価格やキャッシュバック金額の変化

2017/06/16

広告

今は昔のような強烈なMNP特典による割引や高額キャッシュバックは行ってないですよね?

私が今のアイフォン6プラス(iPhone6plus)を購入したのは約2年前です。
丁度、勝った時期が、まだまだアイフォン6が高い時期でした。

契約は「音声通話カケ放題+データ5G」でした。
機種代は実質無料に近い形での、月賦(分割払い)でした。

(注)MNPとは電話番号を変えずに、携帯電話会社の乗り換え契約を行う事です。

アイフォン6プラスの月額料金は、だいたい6500円くらいだったと思います。
現在はギガモンスター(20GB+テザリング)契約をしていますので、契約当時の料金とは変わっています。

この時のキャッシュバックは、妻と合わせて15万円でした。
この頃から少し経って、国から携帯電話・スマホの本体0円や実質0円や高額キャッシュバックを自重自粛をしてほしいと、各通信会社へ数回要請があったように思います。
*通信会社の株価にも少し影響があったはずです。

アイフォン6から6Sへの切り替え時の値引きは凄く、本体0円で月額1976円なんてのもありました。これは珍しい6と6Sの組み合わせですが・・・

写真

月々1976円って、しかもキャッシュバック4万円!!!
もう、「どゆこと」って思いましたね。
そう考えると、私は高い時期に契約してしまったかなって思いました。

過去にはアイフォン5とアイフォン5Sを、本体0円で月々2800円くらいで、MNPで乗り換えしていましたので、アイフォン6の本体実質無料+月々6500円は少々高く感じましたね。

ただ、この凄い割引や特典は、MNPで携帯を購入する方に限られ、既存長期契約利用ユーザーにとっては、不利益感があったのは確かだと思います。

私も昔は、ドコモの長期契約者割引を嬉しく感じていましたが、MNPでの携帯・スマホの投げ売りが始まってからは、携帯電話料金の節約をするなら2年毎のMNP乗り換え以外に、選択肢はないかなって思うようになってしまいました。

スポンサーリンク

各携帯・スマホ電話会社間(キャリア)の値下げ合戦の終焉!

携帯・通信会社は総務省から、ライトユーザーや長期契約者の不利益が発生しないように、既存利用者の月額料金の値下げやMNP特典の見直しを要請しました。

値下げ要請の時期は2016年5月くらいだったと思います。
その他にも、MNP特典の見直し要請などは、もう少し前から報道されていたと思います。

これを受けて、私が個人的に思うには、仁義なきスマホ強烈値下げ競争は終焉したと思います。

今は、アイフォンも0円や実質0円がなくなり、ちゃんと機種代は払おうよって感じになってきていると思います。
まだ、「2年縛り」(中途解除・解約料金)はあると思いますが、これは仕方ないかなと思います。
まあ、携帯電話会社だって民間のわけですから、国があまり料金について口出しし過ぎるのは、民主主義なんだし良くないと思いました。

2017年、私の携帯・スマホ料金の変化。

私は、基本的にアイフォンを使っています。
アイフォンはアイフォン4の頃からでしょうか。
この頃のアンドロイドはアイフォン4に比べて、あまりにもレスポンスが悪かったものが多かったです。

私がアイフォンを使い続けている理由はそれに尽きます。
ただ、最近のアンドロイドは素晴らしいですね。
私がアンドロイドメインに機種変更できないのは、アイフォンのGUIに慣れてしまっているからです。

今度の契約更新月には、料金次第ではアンドロイドに変更する事も検討中です。
少しはアンドロイドGUIにも慣れておかないとダメかもって言う思いもあります。

1:アイフォン4の時代
最初のアイフォンはソフトバンクさんでした。
普通に近くのショップで予約して購入しました。
スマホ依存症になりました・・・

2:アイフォン5、5Sの時代
MNP全盛期です。
家ネットの状況に関係なく、本体0円で月額2800円くらいで使用していました。
通話は月に1000円くらいで10分カケ放題があるウィルコムを使用していました(下記画像)。
携帯は2台持ち方が月額料金が安く済みました。

写真

この頃は更にスマホ依存症に陥り、多くの時間と機会を失ってしまいましたね(w)。
まあ、後悔もしていないのですが。

3:アイフォン6の時代
これは、現在使用しているアイフォン6プラスです。
スマホ依存症も治り良かったです。
この頃には、家ネットも携帯電話会社などと合わせる事によるセット割が全盛期でしたね。

逆にスマホ単体では、本体0円月額3000円なんて言う特価は無くなったと思います。
キャッシュバックも家族で行えば数十万などのビックリ特典企画も全盛期だったと思います。

そして、数回の国からの料金体制や販売形態について、携帯会社各社に見直し要望があり、強烈な値下げ合戦は終焉していきました。

下記写真はアイフォンが安かった時代の価格画像(特売写真)です!

昔は安かったですね!
しかも、現在みたいな下取り割はなかく、古い機種が手元に残るから、家のWI-FIに接続すると普通に使えたりします。私の古いアイフォン5sも活躍しています。
まあ、そうなると余計に新機種を売りにくくなるのがあり、下取り割と言う形で古い機種(スマホ)を回収する目的もあると思います。

写真

写真

これは、セット割で月額2680円でアイフォン5が持てた時代です。
本体0円なんで、壊れたらMNPだと思い、アップルケアサービスなどの保証サービスにも入りませんでしたが、2年間ちゃんと動いてくれました。

写真

2016年3月頃から、本体実質0円が多くなりました。
本体0円と本体実質0円って、MNP好きには気分的に結構違うものなんですよね。

だって、月賦分割方式だと、中途解約すると機種代金残金が一括請求されますから。

写真

上記写真はアイフォン6の特価セール!
月々2288円って、、、!!
特価っていうか、これまた本体0円やんか!!!
国からの料金見直し要請があり、一時期少し自粛時期がありましたが、本体0円の復活です!

しかし、この時期に私が見たアイフォン本体0円の、最後のセールでした。
もうアイフォン本体0円は止めちゃったんですね(泣)!

でも、適正価格に戻す事って大切だと思うので、値上げは仕方ないと思います。

もう少し昔は、本体0円で月額料金は7円(ユニバーサル料金)のみって言う、ビックリ販売もありましたが、そこまでいくとビックリを超えちゃいますね?

先日みつけたアイフォン6sプラスが10800円の激安MNP!

写真

私的にはアイフォン6sプラスで充分です。
一度プラスを使うと、機種変更もプラスが欲しいと思うようになりました。本体0円じゃないけど、6プラスsが10800円なら安いですよね!これにしようかな?迷いますね。MNPオタクの私としては、10800円払えば、後腐れなしの機種代残金0円が最大の魅力に感じます。

私のスマホの契約更新付きが迫ってまいりましたので、どうするか決まりましたら結果を報告します。

免責事項
当サイトを参考にした結果、損害が発生しても当サイトの管理人は一切の責任を負えません。
よって実際の判断や選定は、ご自身で決定して下さい。
当サイトは参考程度にご覧下さい。
当サイトすべてのページへのリンクは自由です。
ご覧いただきありがとうございました。

ブログ管理人

楽天モーションウィジェット

-スマホと携帯電話について
-, , , ,